営業時間が幅広い!

営業時間が幅広い!

ガールズバーで働くメリット

ガールズバーの魅力的なところはたくさんあり、プレッシャーをあまり感じず、一般のアルバイトよりも時給も高めで働きやすいところですが、働きやすいポイントは他にもあります。
それは営業時間が幅広く、都合のいい時間帯で働けるところです。

お客様の隣で接客するキャバクラや高級クラブなどは、風営法で0時以降は営業してはいけないという決まりがありますが、ガールズバーは対象にならないため、深夜まで営業しているお店が多々あります。
また、朝の時間帯や昼でも営業しているお店も最近では増えてきており、お店によっては自分の都合にあったシフトを選ぶことができます。

体力があればたくさん稼げる!

ガールズバーが混み合う時間帯は、キャバクラが閉店し、その足で来店するお客様や、飲み会の2次会でガールズバーを利用する人が多いため、22時〜4時頃までの深夜帯が繁忙タイム。
キャバクラでは指名や同伴で稼ぎますが、深夜から入りたいという方や、フルタイムで働きたいという人も多く、ガールズバーは時間で稼げるという魅力もあります。

ただ立ちっぱなしのため、長時間労働で稼ごうと思うと体力勝負になり、休憩もまともに取れないため、体力に自信がない…という方にはオススメできません。

ガールズバーの仕事内容

ガールズバーの仕事内容

ガールズバーの特徴と仕事内容

ガールズバーの仕事内容としては、来店されたお客様に注文された料理・お酒を提供し、カウンター越しに楽しくトークで盛り上がるというのが、大まかな仕事内容となります。

キャバクラと違い、お酒を作ったり、食器を洗ったりなど、お客様の接客が優先となりますが、カウンター内での仕事もあるのが特徴です。

接客はキャストの子達でローテーションでお客様につくので、そのお客様につきっきりになることもなく、会話するネタがない…なんてことも少ないかもしれません。
友達感覚でお話しするお客様も多いので、未経験の方でも親しみやすいかもしれません。

また、お店によってはカラオケもついているお店もあり、カラオケをしに来店するお客様も多く、一緒に歌ったりしてカラオケで盛り上がることもできます。
ただ、ここもキャバクラと違い、ガールズバーでは立っての接客となるので、立ちっぱなしが辛い…という人も多いかもしれません。

お店ごとに異なるコンセプト

お客様と盛り上がって、気を紛らわすのが一番の方法です!お店のコンセプトとして、露出の多い服装や、マニアックなコスプレなどもありますが、私服OKのガールズバーも多数あります。

ユニークなコンセプトのガールズバーも多数あるので、趣味にあったお店で働くのもいいですね☆

  • 1