ノルマ無しで稼げる!

キャバクラと違い課せられるノルマがなく、私服OKのガールズバーであれば衣装や髪セットをすることなくそのまま出勤して働けるため、副業として働きたい!という方でも気軽に始められるのがガールズバーの魅力の一つでもあります。

大学終わりに出勤し、終電まで働いたり、居酒屋のバイト終えた後に出勤し、深夜帯でガールズバーのバイト…というようにどの方でも自分の都合にあったシフトで働けるので、副業としている人は多いです。特に大学生や短大生・専門学生は授業の都合に合わせられ、時給も他のバイト先より高めの設定ですので、ちょうど良いお小遣い稼ぎになりそうです。

たくさんのお客様とお話しできるので知識も増えますし、友達同士でガールズバーの面接を受ける方もいるので、楽しくバイトを始められそうです。

副業として働く時の注意点

ただし、ガールズバーでもキャバクラと同じく、欠勤したり遅刻した場合にも、罰金が発生する店舗も多々ありますので、要注意です。

ガールズバーで働いていることを本業にバレたくないという人もいるかと思いますが、確定申告や住民税の支払いなど、本業に通知されないような手続きを行えば副業を知られることなく続けられるでしょう。
本業の契約内容にもよりますので、ネットなどで一度調べてみるのがオススメです。

ガールズバーの時給と収入

ガールズバーの時給と収入

ガールズバーの時給の相場は?

ガールズバーの時給面を見てみると、1,200円〜2,000円が平均的なが時給となります。

たまに広告などで3,000円以上とキャバクラ並みの時給を出すガールズバーもありますが、容姿はもちろん、お客様を連れてきて売り上げに貢献している子や、お客様からの人気の高い女の子に対しては高額な時給で雇ってもらえるお店もありますが、お店に入ってすぐの時給は基本的には先ほど述べた1,200円〜2,000円が平均定期な金額といけるでしょう。

一日でどれくらい稼げるの?

収入例としては、時給2,000円で、20時〜翌5時間の営業でフルタイム働いたとしたならば、単純計算で1日18,000円の収入が得られます。
またドリンクバックなどの+@分の手当がつくので、体力勝負になりますが、1日に2万円近い金額を稼げることも可能です。

ただし、稼いだ全ての金額が手に入るわけではありません。給料の何%かだったり、一律した料金を差し引かれる場合もあります。差し引かれるもの+@つくものはそのお店によって違いますので、お店に詳しく聞いた方が良いでしょう。広告には高時給と記載があったのに、いざ働いてみたら時給が低くなっている…ということもあるので、しっかりと確認しておいた方が良いかもしれません。

  • 1